« 実地試験(航法) | トップページ | 大学・専門学校よりヘリコプター免許取得! »

2008年5月 1日 (木)

実地試験(結果やいかに)

航法が終わり、エンジンを停止し終わると、試験官は、試験官室へと戻ります。

フライトプランをクローズし、飛行後点検を実施し、試験官のところへ向かいます。

ここで、本日の試験結果が通知されるのです。

通常、何もなく、航法にもどってこられれば、合格と言われていますが、それでも絶対という訳ではありません。何があるかわからないので、「合格です」というこの言葉を聞くまで油断できません。

不安につつまれながら、試験室のドアをノックし、入りました。

椅子に座り、試験官としばしのにらめっこ。

 

そこで、試験官の口から出た言葉は、

 

「合格です」

 

この言葉を聞いたときは、言葉にならないくらい、すごく、うれしかったです。

 

訓練を始めて、およそ1年半、大学に通いながら、週1、2回通っていたためと論文提出時期と重なってしまったため、少し時間がかかってしまいましたが、「合格です」という言葉を聞いたときは、試験前までのプレッシャーから解放され、安堵感につつまれると同時に、達成感を感じていました。

 

訓練の途中に、どうしてもうまくいかないときがあったときも、教官は、やさしく教えてくれました。

整備の方も、いつも安全に飛べるよう、機体の整備を丁寧にしてくれました。

他の訓練生も、単独飛行を祝ってくれたり、試験当日にも応援してくれたりしました。

 

こうした、周りのみんなのおかげで、合格できたのだと思います。

 

こんな恵まれた環境で、訓練することができ、うれしく思います。

 

これからも、安全に、そして楽しく空を楽しみたいと思います。(おわり)

080430_1

|

« 実地試験(航法) | トップページ | 大学・専門学校よりヘリコプター免許取得! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実地試験(結果やいかに):

« 実地試験(航法) | トップページ | 大学・専門学校よりヘリコプター免許取得! »